平成29年10月 静岡県建設業許可 更新申請ご案内

ご注意事項
当事務所のホームページは書きたいことばかりなので文字がとても多くなっておりますww 読むのがめんどくさい方は直接当事務所へお電話くださいww


平成29年10月に建設業許可の更新の建設業者様へ

建設業許可の更新建設業許可の更新は5年ごとにおこない、更新を受けなければその効力はなくなってしまいます。更新は5年ごとに建設業許可基準に該当するか否かを審査して、適格な者に対して建設業の営業を認める。という趣旨からなっています

更新は建設業許可の有効期限30日前までに、更新の建設業許可申請書提出が必要です。

建設業許可の更新には、変更届書の提出が必須です。

※更新時期の3か月ほど前に各建設業土木事務所から更新お知らせはがきが届きますが、更新時期やはがきもすっかり忘れて5年の年月が経ち建設業許可の有効期限満了日前になりあわてている建設業者さんも多いです。

※また、5年後の更新時期になると建設業業務経験も増え、技術者資格を取得したりと建設業許可業種追加(業種追加)することもできるケースも多いです。

更新の機会に業種追加をして販路拡大を目指しましょう。詳細はご相談ください。o(⌒0⌒)o


更新をお考えの建設業者の皆さん今、自社がどんな経営状況か知りたくないですか?

建設業経営維持なくして変更届、更新の手続きはありえません。行政書士が変更届、更新の案内ハガキを出したら会社が倒産していた。などという話も聞かれます。

当事務所は数少ない1級建設業経理士行政書士です。

毎年提出する建設業許可変更届出書からあなたの会社経営をサポートしています。


建設業許可更新を会計面からもバックアップ

顧問税理士が何も経営アドバイスしてくれないという建設業許可業者様の要望に応え、1級建設業経理士、日商簿記1級資格行政書士が設業経営を力強くサポートする資料を提供いたします。(売上経費期間比較表、財務分析、キャッシュフロー計算書等)

税理士が関与している多くの建設業許可業者さんの決算書を見てきましたが、残念ながら会社の経営のためになるような会計処理をしている税理士はいないのが現状です(;^_^A
(実は税理士試験は税金計算がメイン試験で将来の利益発生に役立つ会計知識(管理会計等)は試験範囲でないのです)


迷ったらここに相談(無料)してね

アドバイスは無料だから恥ずかしがらずにかけてみようwww

サイト内容充実は豊富な建設業許可申請経験の証!

〒416-0901 静岡県富士市岩本537-120 ヤマト行政書士事務所
TEL0545-67-6332 FAX0545-61-8393 携帯09056173486
mail yamato@yatta-yo.com

ヤマト行政書士事務所に遊びに来ればこんな景色が見れるかも

静岡県の建設業許可

静岡県 建設業許可 更新申請
富士市 富士宮市 沼津市 駿東郡清水町 裾野市 駿東郡長泉町 御殿場市 駿東郡小山町 三島市 田方郡函南町 熱海市 伊豆の国市 伊東市 下田市 静岡市葵区 静岡市駿河区 静岡市清水区 浜松方面 静岡県内